ふなぼり動物病院

歯科の診療案内

■はじめに
歯周病はワンちゃんネコちゃん含め全ての動物が抱える病気です。3歳のワンちゃんでは60%、ネコちゃんでは80%に歯周病があります。
歯周病だけでなく“お口の中の病気”について理解を深めていただき、より一層“歯”に関心を持っていただきたく、作成しました。 なるべく、簡単にわかりやすく作りましたが、わからない事があれば病院にお尋ねください。


■歯周病とは?
歯周病は、歯垢(プラーク)によって起こる「歯の周りの病気」です。口腔内を不潔にしていると、プラーク中の細菌が繁殖し、炎症を起こします。


●歯肉炎
歯周病
歯肉の炎症による出血、腫れが特徴です。
歯肉辺縁に付着した歯垢により引き起こされます。
この状態であれば、的確な初期治療で完全に治癒します。

●歯周炎
歯周病
歯を支えている歯周組織が破壊され、歯周ポケットが形成されます。
歯肉が腫れたり、膿(うみ)がでたりと強い痛みを感じます。
処置が遅れると最終的には歯を抜かなくてはいけなくなります。

■予防歯科とは?
毎日のブラッシングで、細菌性プラークをなるべく少なくしようとすることをプラークコントロールと言います。
このプラークコントロールが歯周病の基本的な予防法となります。
(当院では、歯みがき教室・歯科検診を行っていますのでお気軽にご相談下さい。)

■歯科治療の実際とは?
当院では人と同様、超音波スケーラーにて歯石を除去した後、歯面の研磨をします。
実際には、麻酔をかけた上で歯の動揺度、歯周ポケットの測定、レントゲン撮影、など様々な歯周検査を行い、それぞれの歯の状態を評価し適切な治療を選択することになります。

■歯周病以外の代表的な口腔内疾患
●乳歯遺残
●咬耗・破折
●不正咬合
●口腔内腫瘍


犬と猫の診療案内
歯科の診療案内
アクセス


ふなぼり動物病院

〒134-0091
東京都江戸川区船堀 6-1-12

03-3869-0282

トップに戻る


(C)ふなぼり動物病院, All Rights Reserved.